相続に関するブログ

BLOG

2022.04.01

特定の評価会社の判定について詳しく解説!

取引相場のない株式の発行会社は「一般の評価会社」と「特定の評価会社」に分かれます。「一般の評価会社」の判定方法については、以前のブログ『原則的評価方式を使った会社規模の判定について詳しく解説!』で説明いたしました。
今回は「特定の評価会社」について説明いたします。

特定の評価会社とは

特定の評価会社とは、不動産や株式など特定の資産を多く所有している場合や、開業前や開業直後、休業中といった営業状態が一般の会社と異なる会社のことです。

特定の評価会社のフローチャート

特定の評価会社に該当することかどうかの判定は、以下の手順で行います。


※比準要素・・・1株当たりの年配当金額、1株当たりの年利益金額、1株当たりの純資産価額の三要素のこと

※土地保有特定会社・・以下の基準に該当する場合
大会社 中会社
土地等価額の合計額/純資産価額≧70% 土地等の価額の合計額/純資産価額≧90%
※株式等保有特定会社・・・以下の基準に該当する場合
大会社、中会社又は小会社
土地等価額の合計額/純資産価額≧50%
※S1の金額、S2の金額

まとめ

今回は特定の評価会社のフローチャートと大まかな評価方法について説明いたしました。判定方法や評価方法等、複雑です。よく分からない場合には、専門の税理士へ相談することをお勧めいたします。

共有する